第1条  本会は県立富山中学・富山高校近畿同窓会(略称 富中富高近畿同窓会)と称する。
     
本会の本部を大阪市に置き、24県(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)
    を以て組織する。

第2条    本会は会員相互の親睦を図り、併せて母校教育の振興に寄与することを目的とする。

第3条     本会の会員は近畿に居住する富山県立富山中学校、富山県立南部高等学校、
     富山県立富山高等学校出身者および、在学したことがあり同窓会員2名の紹介による者を
    
もって組織する。

第4条  本会に下記の役員を置く。

         会 長           1名        副会長           若干名

幹事長           1名        副幹事長         若干名

幹 事           若干名

会 計           1名        会計監査         2

なお、顧問、相談役を置くことができる。尚、顧問は会長経験者、相談役は幹事長経験者とする。

第5条  会長は総会において会員中より選出し、他の役員は総会の同意を得て、会長が指名する。

顧問、相談役は役員会の決議により、会長がこれを委嘱する。

会長は会務を総理し、本会を代表する。

第6条   副会長は会長を補佐し、会長が事故ある時は代わってその職務を行う。

幹事長、副幹事長は幹事会にはかり会務を運営する。必要ある場合は幹事が補佐する。

会計は会計事務に当たる。

会計監査は経理の状況を監査する。

役員は役員会を組織し、本会の会務を協議する。

役員会は幹事長が招集する。

第7条   会務の議決は出席役員の2/3以上の同意を必要とする。

第8条   役員の任期は2カ年とする。但し、留任を妨げない。

第9条   本会の総会は毎年1回開催する。但し、必要に応じて臨時総会を招集することができる。

  新年会を毎年1回開催する。

10条  本会の第2条の目的を達成するために、次の事業を行う。

1会報を発行し配布。

2本部会員名簿の刊行にあわせて、近畿地区名簿を発行する。

3会員相互並びに母校、富山県立富山高等学校同窓会等との連絡調整をする。

4> その他。

11条  本会の経費は会費及び寄付金を以て充てる。

会員は会費として年額2,000円を納める。

総会、新年会の費用はその都度徴収する。

会費収納は郵便振替口座を利用するものとし、その住所は会計の自宅に置く。

12条  事業年度は71日に始まり、翌年630日に終わる。

13条  規約の変更は総会の決議を経なければならない。

14条  本会の運営に必要な事項は会長が定めることができる。


トップページに戻る

富中・富高近畿同窓会規約

平成22年10月一部改訂  平成28年9月一部改訂